ニュース

現在位置:ホーム > 新聞センター > ニュース

江蘇立徳照明産業基地-宏源新起点

発表時間:2011-07-27     内容出処:宏源

「光」は束縛がなく、自由自在で無限な思いを馳せる、江蘇立徳基地この「秒」で光を催生する所は無限なエネルギーが含まれている、貴方は、これら光分子が世界の至る所に及ぶ、根をおろして咲くことを想像される、これは童話のようですが、すぐに手の届く現実になる。

2011年下半期、もうすぐ完工して生産開始しようとしている江蘇立徳生産基地において、無極灯二代製品、大規模な自動車生産ラインは間もなく開始し、宏源の「革新の道」に新しいマイルストーンを樹立する。

\

江蘇立徳産業基地四つの生産現場はほとんど完工済み、外壁の装飾工事実施中

周知の通りに、「革新企業」に困らせるのは競争対象のクローンと模倣である。海賊版は人に驚かせる速度で発行している、製品は市場に投入する前に、市場には類似製品が現れたということがよく発生する、最後に新たしいものは古いものになる始末だ。多くの企業は自分の「革新成果」を守り、第一時間で終端市場を占め、「独占と価格優位」を形成するため、厳しくて秘密を保持したり、最大限でチャンネルの流通時間、即ち製品出荷から市場に参入する時間を短縮したり措置を取っている。

この角度から見ると、江蘇立徳自動化生産基地は宏源「革新」道上の強い支えになり、宏源に速度、量、質という三大優勢を提供される。速度は革新製品が市場に参入する必須条件の一つであるが、速度だけではまだまだ不足である、市場参入と市場開放との間に時間段があるので、市場を占領し、独占優勢を形成するため、十分の「量」が必要である、「質」は後ろ盾である、これは宏源「速度戦」の基礎である。それにより、宏源の一連発展構想、同期な追跡策略は、すごく遠見卓識があるとわかった。

今後宏源の発展にとって、「複製」は主線である、江蘇立徳産業基地は宏源の旗艦基地として、新しい生産基地に複製可能テンプレートを提供した。「複製」で有名になった富士康と比べて、宏源生産基地の複製は自分の優位を持つ、それは、宏源はただの製造ではなく、自分のブランド、開発能力を持つことである、これは革新競争力で、競争対象に複製されること等潜在的リスクを回避される。

江蘇立徳自動化生産基地は、宏源の新しい起点で、宏源複製可能営利モードの保障でもある、これから、宏源は経営モードを複製する一方で、チームの複製を行う、このため、「チーム凝集力」と「縦横管理の協調」は最も重要になる。しかし、宏源は最も堅固な「金字塔」のようなチーム勾配成長モードを形成したので、総監会議よりリードーする総監チームの指導により、中層管部は上通下達の責任をよく完成し、宏源「複製モード」を効果的に実施されると信じます。

団結、活力一杯の宏源国際部フランス語チーム

宏源の先行きが明るい、彼女はグリーンな部屋のようで全力を尽くして大きい窓を開き、世の中に光を続々と輸送する、これは人に誇らせる道であり、いつか、彼女は世界の星空に最もまばゆい光を放つ。

LVD induction lamp, light the world!

活力に溢れる宏源国際部フランス語チームは既に飛んでいる、もっと高く飛んでいきます。

 

国際部 フランス語組