市場普及

現在位置:ホーム > 新聞センター > 市場普及

ドバイ、シンガポールのハイエンド展示会において

発表時間:2012-10-22     内容出処:宏源

2011年、上海宏源は、強権に畏れなく、理詰めで大いに争い、最後に覇者オスラムを完勝した。同年、上海宏源は、全資金子会社江蘇立徳照明産業基地を築き、この時点まで、宏源は、10数年の無極灯への取り組みの結果、開発製造実力、差し迫っていた成長要望がいよいよ実現した。照明事業のため20数年努めていた上海宏源は、知的財産権の帰属が明確に決めてから、新たな出発点、新たな高さ、新たな態度で準備しておき、力を集めて再び崛起し、照明の精神を堅く主張し、積極的にブランド構築のペースを加速し、チャンネルを広く開拓し、市場への影響と浸透を拡大していく。

金融市場混乱以降、世界経済が持続落ち込み、国々は仮想経済の欠点を意識した、それで、経済を刺激し、景気を回復する戦略として次々に実体経済を選んだ。省エネ照明は、ちょうど世界国々が省エネ、排出削減を促進し、気候変動を対応する重要な部分であるので、世界10数以上の国家と地区は、白熱灯淘汰路線図及びエコ照明の普及計画を公布した。したがって、エコ照明経済は、実体経済を促進する重要な一部であり、国際市場のニーズが極めて大きい、2015年まで、1150億米ドルに達すると予想される。
従来の白熱灯を淘汰し、エコ照明を加速促進する歴史的チャンスを掴み、宏源は、知的財産権の保護により、何の障害もなく大股に前へ進み、地元市場に立脚点を置き、国際市場の開拓速度を全面に高めていく。海外販売代理センターを宏源国際化戦略の先兵とし、各センターは「永遠続く」展示プラットフォームのようで、顧客様に会社のプロ且つ権威のある業界イメージを併せて展示し、会社と顧客様との間の橋として、顧客様の様々な問題を直接で、素早く解決する。現在、シンガポール、ドバイ等に設立した販売代理センターは、健全な発展軌道に入って地元新旧顧客様からの歓迎と賞賛を広く受けている、次々と伝わってくる勝利の知らせは、宏源の製品が顧客様に愛顧されている最高な証明となった。

さらに国際市場を切り開き、宏源ブランドの国際的影響力をより強くなるため、よく知られている展示会に参加するのは会社国際化戦略の重要部分となった。展示会は、国際市場を開くための効果的なマーケティングツールで、良好なレバー役割を果たす。専門的且つ影響力のある展示会に参加することにより、国際的顧客様に会社の総合な強さとブランドイメージを全面的に現れ、迅速に新しい市場を開拓し、新規顧客様を開発する。なお、展示会は、世界照明の成長実況を調べる窓であり、国内外業界の発展趨勢、顧客様の最新ニーズを素早くて確実に把握する直接なチャンネルでもある、展示会は、会社次の発展戦略の作成に根拠を提供した。

会社海外販売代理センターの優れた利点に基づき、展示会の業界影響力、実績及び業界評価等情報を検討した上、10月1日から3日まで、会社はドバイで開催した「2012年中東(ドバイ)国際都市、建築と商業照明展覧会」及び10月10日から12日までシンガポールで開催した「2012年シンガポール建築建材展示会」に参加した。展示会において、宏源の最新なシリーズ製品が高調登場した。宏源は無極灯の発明者として、先進な照明設計理念と優れた照明性能の他に、世界的に最大且つ専門的無極灯生産基地を持ち、間違いなく展示会の中で最も魅力的且つ注目度が一番高いブースの一つになるに違いない。

今回の展示会において、展示会の関連仕事をしっかりと進むため、会社は特別なプロジェクトチームを成立した。普通のブースと比べ、面積がより大きい、特別な手段で建てて製品の全方位立体展示効果を作成し、人々の興味をそそり立てた。LED、電球ランプ、省エネランプを多く展示するブース、又は部分金ハロゲンランプ、高圧ナトリウムランプを展示するブースと比較すると、宏源無極灯は、エコ、省エネ、先進照明技術の優れた理念により、人を引き付け、一生忘れない。はっきりと見える所に無極灯と従来の高圧ナトリウムランプ、金ハロゲンランプの効果を比較し、無極灯の演色性、ストロボ、眩光等顕著な優位性を現すようでブースを設計し、一目瞭然、直観且つ強烈で、多くの顧客様を引きつけた。なお、会社のパンフレット及び現場のポスターにより、企業の成長履歴、製品の優位性、最新シリーズ製品等を詳しく説明し、無極灯製品の優位性と会社の強さを十分に実証した。

2012年中東(ドバイ)国際都市、建築と商業照明展覧会は、フランクフルト展覧会社における一番有名なブランド展示会の一つであり、世界建築イルミネーション照明業界における最大規模、最も権威のある専門的展示会の一つでもある。活気あふれる現場の雰囲気が続いていて、大きな反響を呼び、宏源のブースは現場顧客様の高度注目を浴びた。ドバイ電気•水道局(王族)の社長はわざわざ宏源のブースまで御来駕とご指導して光栄の至りだと存じました。宏源はこの社長の御来駕とご指導を頂いた唯一な中国企業であるようで、いくつか地元媒体は、総裁の視察情況をごほうこくした。



ドバイ電気•水道局(王族)の社長はわざわざ宏源のブースまで御来駕とご指導した。

2012年シンガポール建築建材展示会は、21国家からの200社以上の出展業者を引きつけた、シンガポールにおける最新、最大且つ最先進の展覧センターを展示場とし、地元の有名な建築業者、専門家と主要買手を集めた。シンガポール地元の顧客様ばかりでなく、アジア、ロシア、アメリカ、オーストラリア等周辺地域からの顧客様も今回の展示会に出展した。主催者の誘いを受けて、復旦大学電気光源研究所所長陳大華は、『光の異なる省エネ光源―無極灯』と基調講演した、100以上の地元有名な専門家学者、買手は、講演を聞き取り次第、無極灯に対する厚い興味をそそった。展示期間において、シンガポール環境―水資源エネルギー部長付海燕はわざわざ宏源のブースまで御来駕とご指導していただき、宏源展示会のスタッフと親しげに話し合い、無極灯及び会社の情況をお聞きまして、とても光栄だと存じした。

シンガポール環境―水資源エネルギー部長付海燕はわざわざ宏源のブースまで御来駕とご指導した。

復旦大学電気光源研究所所長陳大華は、主催者の誘いを受けて、『光の異なる省エネ光源―無極灯』と基調講演した、

 

展示会に参加することにより、顧客様に関する情報は約1000部受け取った、そのうち、直接意図を持つ多くの顧客様と予備的協力関係を確立した、効率が高い、協力成果が明らかである。数多くの潜在的顧客様は、宏源がシンガポール、ドバイ等地域に販売代理センターを成立したことを把握した上、顧客様からの信頼性と協力意向が大幅に高まり、今後の付き合いに良好なスタートを開き、長期な協力関係を結ぶために強固な基礎を築いた。

シンガポール、ドバイ展示会に登場するのは、宏源国際化戦略の重要なステップであり、海外市場を深くまで拡大し、レベルがより高くなるため良好なベースを築き、宏源ブランドの国際的影響力のため前に向かって堅実な一歩を歩んだ。将来、宏源の国際的道がますます広くなり、革新科学技術と優秀なサービスにより、全世界の照明分野で速やかに崛起していくと堅く信じる。