ニュース

現在位置:ホーム > 新聞センター > ニュース

知的所有権明確され、新しい発展時期に入り

発表時間:2012-03-27     内容出処:宏源

6年間も続いた上海宏源照明電気有限会社とドイツシーメンス全出資子会社オスラムとの特許権侵害訴訟事件は、上海高級裁判所及び北京高級裁判所の最終判決により、宏源照明の完勝で終わった。知的所有権の明確までは、資本と実力を本格に無極灯の開発と規模化生産に投入する会社が一つもなかった。非無極専用灯具を製品に用い、責任感のない中小企業が偽物や劣等品を販売し、無極灯具業界は混乱になっていた。

上海宏源は、オスラムを完勝した後、一気で5億元を投資し、規模化したプロな全出資子会社-江蘇立徳照明産業生産基地を構築した。新しい生産基地には、プロな生産ライン、先端開発設備及び先進な生産管理等を整備している、宏源は無極灯に対する十数年の開発成果を立徳基地に用いて規模化生産を形成し、斬新、プロ、高品質の無極灯具を次から次へ世界に供給し続け、何卒ご注目ください。

江蘇立徳照明産業パック-世界最大無極灯産業基地

江蘇立徳照明産業パック物流配送ドア

江蘇立徳照明産業パック社員生活区会所

                電子生産現場部品クリーンルーム                               電子生産現場CNC自動プラグインライン

                 電子生産現場バラスト組立ライン                                ランプ生産現場組立ライン

自動化した無極灯老化ライン