知的財産権

現在位置:ホーム > 新聞センター > 知的財産権

宏源LVD無極灯の発展過程

発表時間:2011-11-10     内容出処:宏源

2005年10月から、6年間も続いた上海宏源照明電器有限会社とドイツシーメンス全出資子会社オスラム(OSRAM)有限会社との特許権侵害訴訟事件は、上海市第二中級人民裁判所、上海市高級人民裁判所、国家知的財産権局、北京第一中級人民裁判所、北京高級人民裁判所等何回もの訴訟を経て、上海高級裁判所及び北京高級裁判所の最終判決により、宏源照明の完勝で終わった。

111.JPG

      

 

この長い訴訟過程は、食うか食われるかの争い、一歩一歩で心を驚かせた、オスラムにでっち上げる特許権侵害訴訟、及び近年頻繁に発生する知的財産権を持つ国外会社は中国企業を抑制する事件から、知的財産権保護は、科学技術の革新を促進する制度から国家間、企業間競争の重要な工具になったとより深く認識した。20世紀後半以降、知的財産権は徐々に国家間、企業間の競争の優位を競う武器となった、ある国家、特に先進国家の政府と企業は、知的財産権をさらに人、財、物三大資源後の「第四種資源」として取り扱い且つ新一輪経済制高点を占める重要手段となった。彼らは異なる国家と地区に対して、様々な特許権侵害と防御システムを構築し、特許権と他知的財産権の排他権を利用して市場を独占し、競争対象を制御して最大な経済利益を得る。このような背景に、宏源は思わぬ災難に見舞われた-ドイツオスラム(OSRAM)有限会社は、特許権侵害を理由として裁判所に訴訟を起こした。6年間の絶え間ない努力を経て、オスラムの発明特許権が無効と認められ、裁判所はオスラムの提出したすべての訴訟請求を却下した。

この長くて辛いことを経てから、我々が嬉しくて安心するのは、この忘れない6年間に、宏源一人で戦っているではなく、国家指導者と上海市委、市政府指導者からの支持をたくさんいただき、多くの指導者は宏源に来られて視察且つ当社の科学技術革新事業を指導していただいた。

222.JPG

 

 


中国企業、特に中国民間企業は安定した立脚地を獲得し、順調に成長して激しい国際競争環境に無敵な位置を取るには、勇義を持って強い競争対象の挑戦に直面し、知的財産権制度とルールをしっかりと把握して柔軟に利用しなければならないと我々が深く認識した。「のっぴきならないところでぶつかると勇敢者ならば勝つ」という言葉は、李社長と彼のチームが民族工業と民族ブランドのため、強権に畏れなく、障害を克服し、必死になって劣勢を挽回する不屈の精神をちょうど検証した。この6年間に、オスラム特許権侵害訴訟事件により、宏源無極灯の発展に影響を与えたり、宏源無極灯の市場普及を妨げたりして、市場混乱を引き起こし、偽物や粗悪品氾濫の局面になってしまった。オスラムにとって、一回負けても気にしないが、我々にとって壊滅の災難である。なぜウェブサイトに「中徳知的財産権紛争」というタイトルをつけているか、中国人勝ちなのか?どのように解読するか?中国は新興国家、発展途上国家、知的財産権の新進国家であり、ドイツは200年の知的財産権歴史がある、ドイツの持っている知的財産権の経験や特許権、人材は我国とは比べものにならない、我々はサンバンで軍艦をあしらい、児童で成人を抵抗すると李社長が言った。最後に、中国が勝ち取ったことにより、発展途上国家対決先進国家の勝利を読み出した。「事実は雄弁にまさる」、オスラムとの特許権侵害訴訟事件が、宏源の完勝で終わったことこそ、法律の公正を体現した。


 

宏源の開発した新世代光源-無極灯

我々は2000年初に振り返ってみましょう、あの時の国内照明業界は、企業規模が小さい、産業集中度が低い、技術低下、リスク抵抗能力が悪い、製品付加価値や利益が低い、大部分の企業はOEMに依存し、国外ブランドと匹敵する能力がほとんどない、たとえ宏源照明のような形を取り始めた企業でも、原材料価格が上がり、高いビジネスコスト等企業自信が回避不可能現実問題に直面しなければならない。長年のビジネス経験を持つ会社取締役会長李維徳は、鋭くて独特な洞察力で省エネは我国最後の国情産業になることを覚えた。李会長は、中国は全世界中エネルギー保有量が一番低い国家の一つであり、一人当たりのエネルギー消費量は世界平均レベルより2倍以上高い、世界エネルギー消費量が最も高い国家の一つであると言われた。照明と省エネ事業を組み合わせるため、李会長は、科学技術を革新し、エネルギー効率の高い照明製品の開発の道を取ることにした。李会長は会社の科学研究チームをリードして先後に太陽光技術、ナノ技術等を開発したことがあるが、国際照明刊行物に載せた「未来照明に対する北欧照明協会主席の構想:20年後、照明業の発展は集積回路の照明製品」と文章を読んでから、すぐに会社ハイテク技術開発センターを成立し始まり、微電子、電気光源の開発技術人材を集め、億元の開発経費を投入して先進試験設備と検査器械を購入し、ハイテク技術開発センターの新品開発に国際的先進なハードウェアとソフトウェアを提供した。しかも、電磁誘導灯(無極灯及び電磁誘導筒専用集積回路という課題を最終的に決定した。これは、李会長と李会長のリードする開発チームは新しい技術挑戦に直面することを示し且つ業界でもされていない新事業に踏み出すことを意味した。

微電子回路の開発設計中、李会長とエンジニアは一つまた一つの設計案を否決し、絶えずに探索して設計の考え筋道を拡大し、自主設計した微電子回路の開発設計は画期的な成果を取った直後、李会長は技術設計原理を宏源の海外試験基地に送って少ロット実装した。実装したサンプルは会社の開発センターで試用した結果、異常保護出力の単一効果は良くないで設計者とエンジニアはがっかりした。李会長は失敗しても落胆しない、「射出した矢は後戻ることはない」、必ず華山天険を通し、技術の難関を突破するとエンジニアを戒めた。李会長は、集積回路の外郭から手を付け、設計の欠点を改善することにした。その後、李会長は長い期間で科学研究員と一緒に試験室で開発に取り組んだ、努力は人を裏切らない.努力したものは報される、李会長と彼のリードするエンジニアは、初めて集積回路技術磁気誘導技術を照明分野に用いて電磁誘導灯専用バラストを開発した。国家科学技術部上海科学技術情報所のレベル比較結果によると、この技術は国際トップ地位になったと結論した。しかも国家電気光源測定センターの検査に合格され、当年でも国際と国内特許15項申告した。

333.JPG

 

 

電磁誘導灯の発光効率を高めるため、李会長は宏源の科学研究員をリードして長時間の試験と繰り返した論証を通じて、希土類三色蛍光体と塗装粉体を革新的使用し、ユニークな操作プロセスになった。粒径が適当で分布が狭い蛍光材料を採用したので、誘導灯の発光効率を高めるばかりでなく、ランプの光色と演色性までも効果的改善され、光束の維持率と使用寿命を大幅に向上させた。尚、長い開発過程で、宏源の技術チームは一連の技術難関を突破して解決した。

——ガラス管は長期な気密性を維持する上で、特別な水銀合金及び補助アマルガム技術を採用し、ランプは-40℃の低温環境にスムーズに点灯される。

——特別な水銀合金、混合された不活性ガス、及び優れた希土類三色蛍光体を採用して、ランプは-40℃~125℃の環境に終始90%以上の定格光束及び好ましい発光効率を保持される。

——無極灯はセットする電子回路への要求が厳しいので、会社は専用チップを開発し且つ先進な周辺電子回路を設計した、それで電磁誘導灯が通常に作業可能となり且つ10万時間以上の長い使用寿命を実現した。

——無極灯の電磁センサーの設計はとても独特である、透磁率、磁気誘導の強さ、高周波特性、キュリー温度、インダクタンス及び電磁誘導の作成材料は厳しく配合した。

——先進な抗干渉技術と高周波輻射スクリーンは、回路と周辺電器との色周波数、高調波、伝導性干渉を遮断される。

——1600度融点の高ホウ素ガラス結合とパイプ曲げ技術、先進なバブルシェル器械成形設備技術

上記の技術難関を解決したこそ、宏源の開発した無極灯は、ものすごく長い寿命、高い省エネ性能、高い信頼性、高力率、高い発光効率、優れた演色性、低い高調波含量、低温起動、定電力出力、広い温度範囲、ちらつきのない光等特徴を持つことになった、特にその無線干渉特性は完全にIEC標準に適う。

444.JPG

 

 


LVD成功に開発されたLVD無電極灯具は、高く認可して広い関心を集めた

しかし、あの時、無極灯を知る人が少ない、より多くの人に無極灯というハイテク技術製品を知られるため、宏源は、ドイツ、アメリカ、日本、アラブ、オーストラリア及び国内の北京、上海、広州に行われた影響力のある照明展示会に参加した。宏源LVD無極灯は、すべての展示会の主役とハイライトとなり、水も漏らさぬほど取り囲まれたこれにより、宏源LVD無極灯は、世界の注目を引き付け且つ高度な認可を得た、この小さな光源は国際的先進技術で初めて強手が非常に多い高科学技術分野で異なった新しい勢力のようで突然現れ、大きな騒ぎを引き起こしたと言うことは非常に誇りにすることができる。

555.JPG

 

 

その同時に、国内外メディアは宏源の無極灯を続々と報道した。イギリスの有名照明雑誌は、宏源無極灯は西方無極灯開発中の不安定技術を克服し、中国で新しい突破を実現したことを掲載した。2003年6月、『広東照明電器』雑誌に、『中国照明工業の誇り-上海宏源照明電器有限会社は国際的先進な電気誘導灯を成功に開発された』という文章を載せた。

666.JPG

 

 

2003年12月09日、『消費日報』は、『中国照明工業の重大科学技術成果:上海「宏源は国際的先進な無極蛍光灯を成功に開発された』と報道した。

777.JPG

 

 

2004年02月03日、『文匯報』は、『照明業はチップ時代に進入』という文章を発表し、LVD無極灯は照明分野の新革命を引き起こすと称賛した。

888.JPG

 

 

2004年02年19日、『上海経済報』に、『中国エジソンは照明革命を齎す-「宏源照明総経理李維徳』という文章を掲載した。

999.JPG

 

 

2004年04月27日、国際電気光源学術委員会顧問、日本照明学会名誉会員、松下照明チーフエンジニア神谷茂様は、復旦大学電気光源研究所所長陳大華教授の案内で、会社を参観訪問した。彼は、LVD無極灯は世界レベルを超える照明業界の新発明であると称賛した。

1000.JPG

 

 

 

2004年05月08日、『解放日報』に、『世界照明技術を超える発明』という文章を発表し、宏源会社に開発して産業化されたLVD省エネ電磁誘導灯は、世界照明技術の空白を埋めたと紹介した。

1001.JPG

 

 

 

2004年7月、『連合時報』は『宏源「神灯」』という文章を掲載した。

1002.JPG

 

 

2004年11月、中国ブランド戦略推進委員会主任林宗堂は会社を視察して且つ会社に「民族の光、世界を照らす」という題辞を書き記した。

1003.JPG

 

 

2004年、上海工業博覧会の金賞評価イベントに、宏源無極灯は、3000社以上の参加企業と製品から頭角を現して、特別の光栄を得た。連合国副秘書長モリス?ストロングとイギリスロイヤル工学院の院長エリックを含む多くの著名専門家と学者は、電磁誘導無極灯は広い発展スペースがあり、人類省エネと知能照明の発展に卓越な貢献を与えると高度評価した。

イギリス照明工学は、「宏源電磁誘導灯は、西方不安定技術を突破した」と称賛した。

 

1004.JPG

 

 

2004年、フランスで主催した第10回国際電気光源技術セミナーに、上海宏源は特別代表として基調講演し且つアメリカ照明協会主席ジェフ博士等を含む各国専門家の褒賞を得た。2004年世界エンジニア総会に、上海宏源の二部技術論文は、組織委員会に論文集に組み入れた。国際照明協会(CIE)は、宏源電磁誘導灯を国際的省エネ照明製品として世界中に押し広める。

1005.JPG

 

 

2005年、宏源無極灯は、韓国「KETI」認証に合格され、宏源無極灯は「国家省エネエコ電気光源製品」と指定され、中国省エネ協会から証明書をもらった。LVD無極灯40~2000VはCE認証を得た、LVD電磁誘導灯は、「国家重点新製品」と指定された。宏源無極灯は国家強制的製品認証(CCC)に合格され且つ認証証明書を得た。宏源無極灯は「UL」認証に合格した。

1006.JPG

 

 

2006年、上海市委、市政府リーダーは、「各部門は全力を尽くしてLVD無極灯この完全な自主知的財産権の持つハイテック製品の発展を支持する」という指示を自らで出した。LVD無極灯は、上海工業業界「十一五」革新企画に組み入れた。上海市経委、市発改委、市技監局、市財政局は、「滬経節(2006)579号―LVD無極灯は、『上海市省エネ製品応用推奨目次』に組み入れた」という公文を発表した。

1007.JPG

 

 


2007年、LVD無極灯はナイジェリアSON認証、LVD無極277V―1000WはUL認証を取得した。LVD無極灯は、貴州省に省エネ製品として推奨され、貴州省経貿委、貴州省建設庁、貴州省科学技術庁、貴州省技監局より連合公文を発表して公布した。

1008.JPG

 

 

2008年、LVD無極灯は、上海照明電器業界名優製品と評価された。天津市経済委員会は、「宏源会社LVD無極灯は『天津市先進実用省エネ技術製品推奨目次』に組み入れた」という公文を発表した。宏源製品は、GMC認証に合格され、LVD無極灯はアフリカ「SON」認証を得た。

1009.JPG

 

 

 

2009年、LVD無極灯347V/40W、80W、120W、150W、200W;277V/80W、120W、150W、200WはUL認証を取得した。宏源「LVD太陽エネルギー無極灯照明システム」は、上海市従業員省エネ排出削減優秀合理化提案一等賞」と評価された。宏源「LVD太陽エネルギー無極灯」は、第22回上海市優秀発明選挙従業員技術革新成果一等賞」を得た。「LVD」商標はブラジルで登録した。上海宏源照明電器有限会社は、復旦大学電器光源研究所と協力して作成した『LVD無極灯』を発行した。LVD無極灯は、「上海市自主革新新ブランド」と指定された。宏源LVD―BX01シリーズ防爆灯は、防爆合格証明書を獲得した。

1010.JPG

 

 

2010年、宏源会社LVD電磁誘導灯(無極灯)ロゴ(宏源)は、2009年上海ブランドと選出された、会社の製品LVD-GC22121-80W,LVD-GC22141-120W,LVD-GC22141-150W,LVD-22141-200W四つの灯具はGS認証証明書を得た。会社製品LVD-WJ220/50シリーズ40-300W 9種仕様が異なる無極灯具はCE―EMCの認証に合格した。会社の製品LVD-WJ24V-40WDZ DC24V 40W太陽エネルギー無極灯は科学技術部、環境保護部、商務部、国家品質監督検証権益総局より発行する国家重点新製品証明書を獲得した。LVD無極灯40~300WはCE認証(低電圧範囲)を取得した。中国品質認証センター(英語略称CQC)は上海宏源照明電器有限会社低炭素システム(ISO14064)指定パイロット企業の契約授与式を上海で開催した、両方は低炭素技術サービス協力枠組み合意書を締結し、国際標準ISO14064を低炭素管理の切り口として、温室ガス排出管理を企業の日常工作に導入し、中国照明企業の低炭素発展モードを促進する。上海宏源照明電器有限会社無極灯シリーズ製品「LVD」商標は、国家商標局に認定され、商標登録申請に合格され且つ国家商標局より発行する商標登録証明書をもらった。上海宏源照明電器有限会社李維徳の発明したLVD無極灯都市省エネ照明智能制御システムは、第三回上海市従業員優秀技術革新成果一等賞及び第二十三回上海市優秀発明金賞を獲得した。

1011.JPG

 

 


2003年―2011年、宏源は各発明パテント、実用新型パテント及び外観パテント116項申請した。LVD無極灯は100項以上の賞を獲得した。

1012.JPG

 

 

この期間において、宏源会社は、プロで固い技術と開発製造経験により、無極灯国家標準の唱道者と起草単位になった。2007年、主導して『普通照明用自鎮流無極蛍光灯性能要求』という国家標準を作成した、標準番号はGB/T21091―2007。2008年、主導して『普通照明用自鎮流無極蛍光灯安全要求』という国家標準を作成した、標準番号はGB21554―2008。2006年、『単端無極蛍光灯用交流電子バラスト』という業界標準の作成に参加した、標準番号はQB/T2871-2007。2008年、『単端無極蛍光灯』という業界標準の作成に参加した、標準番号はQB/T2938-2008。2003年、『単端無極蛍光灯』という企業標準を作成した、標準番号はQ/IDJW02-2008。2003年、『単端無極蛍光灯用交流電子バラスト』という企業標準を作成した、標準番号はQ/IDJW03-2008。2005年、『バラスト無極蛍光灯』という企業標準を作成した、標準番号はQ/IDJW04-2008。その同時に、2009年4月、宏源会社は専門家チームを組織して初めて無極灯のプロな技術を総合的に紹介する著作『LVD無極灯』を作成し且つ復旦大学出版社より世界中で発行した。尚、会社の専門家チームと技術員は、先後に国内外の主要雑誌と大規模学術交流会で無極灯に関する技術論文数十部発表した。特にフランス、ロシア、イギリス、韓国及び第4回環太平洋照明会議、海峡両岸第11回照明科学技術セミナー、2004年世界エンジニア総会、第10回国際電気光源技術セミナー、2005中国エコ照明国際会議、電気光源応用マニュアル等に発表した論文が大きな反響を引き起こし、全世界における新世代省エネ照明製品無極灯の普及と応用のため、技術上のコンセンサスを得た。

    

 

上海宏源の開発した無極灯は、我国さらに世界照明分野の空白を埋めたばかりではなく、世界照明業界の技術向上と発展に積極的な先導役割でも果たせる。国家知的財産権局知的財産権発展センターのある担当者は、「国際市場において、中国企業は国外企業にとって胁威になる製品を持っているなら、国外企業は知的財産権という武器を利用して中国の競争対象を抑制し、市場利益を奪う」と言った。宏源の無極灯技術が成長と崛起したこそ、世界三大照明大手会社の一つドイツオスラム(OSRAM)会社は、虎視眈々でこの新興技術を狙った、業界の覇者地位により宏源会社のハイテック成果を不法に占有しようと妄想した。6年間の訴訟を経て、宏源人はオスラムに驚かせる強さを現れ、宏源人は、風雨中に練磨した宏源精神で、国際照明業界で風を吹かせ雨を降らせる産業覇者を完勝した。

「宝も、磨きのが出てきている 梅の花の香りは、厳しい寒さが出てくるのだ」、この6年間、宏源は終始法律の公平公正、事実は雄弁にまさることを固く信じた、我々の発展足取りを影響したが、我々はやはり勝利を取った、私たちの努力は無駄ではなかった。今回の特許権侵害訴訟事件から、我々は、企業の生存、発展中に、特にある程度の成績を取ったら、知的財産権の競争と挑戦がよく発生する。競争と挑戦に直面する場合、勇気を出して戦わなければならない、そうでなければ、人に支配されさらに会社倒産になると深刻で認識した。成功に競争と挑戦を応対するため、会社は開発の初期からパテントのレイアウトに手をつけた、これは勝利を取るための基礎を築いた。取締役の李社長は、会社なりの知的産権を創造する一方、他人の知的産権を尊重し且つ知的産権を効果的に使用して自分合法権益を守らなければならないと言った。

機会が常に用意されている人を好む、これから、我々は全力を尽くして知的財産権の保護と投入により会社の発展を促進し、出来る限りに若干の肝要分野と肝要技術に会社の知的財産権の優位性を確立し、オスラムを完勝した特許権訴訟事件この優勢を独特な市場優勢に転化する。宏源社は会社発展の邪魔を排除して前進のあゆみを踏み出した。現代化の江蘇立徳照明産業基地がそびえたって、販売モデルがもう革新された。宏源社は先進な製造業、現代サービス業、資本運作を一体とする産業チェーンをしだいに完全にして、科学技術を第一重要な仕事とする作用を十分に発揮する。科学技術の進歩により営業成長を改善する。核心技術とシステム集成をいっそうに推進し、肝心な分野および若干の科学技術の最前方に立って核心技術を身につけ、自主知的産権を持ち、百年宏源のために堅固な基礎を築く。