品質管理

現在位置:ホーム > 会社案内 > 品質管理

会社は、高層管理者から普通従業員まで自分の目のように製品品質を惜しんできた。従業員の中で正確な価値観、発展方向と功績目標を樹立し、もっと顧客のニーズと期待を注目し、従業員の中で自発的参与、革新、迅速な対応と学習など方面の品質雰囲気と環境を営造し、品質管理を改善し、もっとよく社会責任を実行し、抜群な業績を追求し、製品品質と経営品質を向上し、競争優勢を強め、経済の持続、快速、健全な発展を促進するため、会社は、始終製品品質を企業の命としてみなし、会社の発展と拡大は、全体従業員の品質観と切り離せないと言える。


品質管理体制:

会社の樹立の品質管理体系は、縦方向は底まで、横方向は縁までを確保する。その内に、総経理は品質管理の第一責任者であり、各部門担当者は本部門の主要品質責任者である。会社品質管理部は、主に会社品質システム過程を構築、実施と保持しているか、製品の実物品質レベルは同業界の先進レベルに達したか、測定データは国際標準と国外同類製品のレベルを超えたか確保する。従業員のため、自発的参加できる環境を作り、従業員が積極的に様々な全社的品質管理活動に参与させるため激励措置を取る。例えばQCグループイベント、合理化アドバイス、5S管理、TPM(全面生産性保護)グループなど。


品質制御手順:

品質管理を順調に実施するため、会社は、ISO9001品質システム管理規定を厳しく遵守して会社と社員の行為を規範し且つ次の品質制御手順と措置を作成した:

  1. ファイル制御手順;
  2. 記録制御手順;
  3. 管理審査制御手順;
  4. 人力資源制御手順;
  5. 基礎施設と勤務環境制御手順;
  6. 製品実現の企画手順;
  7. 顧客と関連する過程の制御手順;
  8. 設計と開発制御手順;
  9. 購買制御手順;
  10. 生産とサービス提供制御手順;
  11. 監視と測定設備の制御手順;
  12. 顧客満足度測定手順;
  13. 過程と製品の監視測定手順;
  14. 不合格品制御手順;
  15. データー分析制御手順;
  16. 改善制御手順。

上記の制御手順と措置により、客観上で顧客様の品質要求を満足し、製品の品質を確保した。


アフターサービス:

会社は、カスタマーサービスセンターを設立した、主要製品とサービス業績の審査を通じて指標や現在のレベルと趨勢を確認し、同業界におけるアフターサービスの手本地位及び国際同類製品とサービスレベルとの比較優勢地位を確保する。尚、会社は800-820-1205サービスホットラインを設立し、「ポータルサイト」でエンジニアオンライン、デザイナーオンライン及びアドバイスと苦情などコラムを設立してユーザーとのバリアフリー交流通信プラットフォームの創立に力を入れた。不断革新する宏源精神を受け継ぎ、ネットワーク適時性を発揮し、適時に宏源の革新動態を伝達し、多方面でユーザーのフィードバックした意見を受け入れ、宏源のサービスレベル、サービス能力を向上する。

顧客満足度のフィードバック :

顧客を開発と維持し、顧客の忠誠度をアップし、潜在的顧客を引き付け、新しいビジネスチャンスを開拓するため、会社は顧客との関係を確立して改善することに力を入れ、且つ顧客様の満足度を測ってさらに向上する。 
次の角度から顧客様との関係を確立する:

  1. 顧客関係を確立する。例えば:肝要な顧客様と戦略的パートナー関係を結び、顧客様の期待を満足してさらに超過し、満足度と忠誠度を高め、重複購入の回数を増やして積極的な推薦を獲得する。
  2. 直接訪問、電子商務、電話、ファックス等顧客様の問い合わせ情報、交易と苦情の主要交渉方式を明確し、交渉方式に対する国内外顧客様の要求を決定して関連社員と工程に伝える。
  3. 苦情を適時で効果的解決するため、苦情管理過程及び関連職責を明確した。例えば顧客様に処理時間と内容を承諾し、承諾を履行して苦情情報を収集、整合と分析して改善に使い、必要に応じて、パートナーの改善にも使う。苦情処理と改善過程のインターフェースを関心する、例えば苦情処理と苦情を利用して改善する部門と過程間の交流、協調等を担当する;
  4. 組織的戦略企画と発展方向に合わせるため、定期的に顧客関係の確立方法を評価し且つこの方法の適用性、効果性を分析と改善する。


会社の獲得した品質奨励証明書:

会社の決めた「科学技術にて企業振興、品質第一、サービス一流、卓越永遠創造」という品質方針は、実際運営中で良く実行したことに加え、社会からの高度評価を得た。会社と従業員は、社会からの広い好評を博した。